スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青の肖像 |小松 成美

青の肖像青の肖像
小松 成美
文藝春秋 刊
発売日 2002-04-25
価格:¥1,300(税込)


華やかなサッカー日本代表。彼らはわれわれとは隔絶された世界に生きているのだろうか。否、彼らもまた人間として苦しみ、悩み、戦いながら生きている。主にフランス・サンドニでの大敗から、準優勝を勝ち取ったコンフェデレーションカップ前後の期間について、そんな彼らの内面に柔らかく、ときに強烈にスポットライトを当てたのが本書である。
川口能活は、トルシエの猫の目のように変わるキーパー起用に繊細な心を悩ませる。しかし、苦悩の先に見いだしたのは、人々に支えられて生きている実感と、サッカーへの変わらぬ思いだった。
中村俊輔は、所属チームである横浜マリノスの戦力ダウン、代表での不遇、マスコミからのバッシングからくる焦燥感から、故障に至ってしまう。しかし、その長い休息の中から、戦う心を取り戻して行く。
森岡隆三は、0-5という歴史的大敗を期したフランス戦の記憶に、うなされるほどさいなまれる。しかし、決してサッカーエリートではなかった彼は、理性的に戦術と自分自身を分析し、サッカーのみならず自らの役割を果たすことによろこびを感じている。
「ゴールへの気持ちが見えない」と批判されてきた柳沢敦は、2001年のキリンカップ、パラグアイ戦以降、主軸のストライカーとして定着した。しかし、その裏には彼のかたくななまでの「理想のストライカー像」へのこだわりがあった。
中田英寿は、その稀有な存在ゆえに、当時の所属チーム、ローマと日本代表の間での板挟みに苦悩する。そして、セリエA優勝をローマへの置きみやげに、パルマへ移籍するが、そこでのチームの著しい不振。そんな中でも中田は「今、足元に広がる環境の中で、自分にできることをやるだけ」と道を切り開いてゆく。
「あの出来事の裏にこんなことが」という驚きはサッカーファンにはうれしいが、各選手が真摯(しんし)に自分の人生と向き合い、戦う姿こそが著者の描きたかったものだろう。普通ではコメントしにくい選手たちの心の奥底をそっと開くことに成功した著者の手腕と人間性にも驚かされる。(大脇太一)

20代を駆け抜ける人々 2002-12-08
2年のワールドカップ後、一段と日本代表がクローズアップされてなんとなく騒ぎすぎ、尊大になりすぎ、って言う気もする。フランス大会の時のほうが普通にサッカーを見て普通に楽しめた気がする。そんな中、この本を読んで自分とあまり変わらない選手たちの20代の姿が見えた気がした。そんなこというと、日本代表という「特別」なものとあんたと一緒にするなと、言う人は言うかもしれないけど、ここに書かれる挫折や迷いや苦しさって、夢を真剣に追っている人なら、形こそ違って見えても誰でも直面してるんじゃないのかな。体を酷使するっていうこと以外は、共感できることが多かった。
特に川口選手の話。
認められないつらさ、自分を見つめる旅、海外に仕事を見つけなんとか異文化でやっていこう!!!する・・・まるごと自分と重ねてしまい、「あーよく頑張ったねー」と肩たたきたくなってくる。著者は共感じゃなくてやっぱり選手を特別なものとして見てほしかったのかもしれないけど、私は自分の日常に訴えるものがあったからこそこころに響いてしまった。思えばそういうサッカー本って少ないような気がします。
でも日常に響いてくるからこそ私はずっとサッカーが励み、そして好きでいられたのですが。

小松成美 2002-09-12
自分の意見ではなく、選手の言葉や事実を赤裸々に語り、選手の考えや行動を忠実に活字にしてゆくこの著者の作品は、さまざまな嘘で語られるマスコミの記事に信頼を無くすスポーツ選手が多い中で、特に信用できる作品が多い。華やかな世界で期待を一心に集め、強く前進してゆく選手達も、ふたを開ければ誰かの一言で人格を左右され自分自身とはかけ離れたところで、己のことや考えが一人歩きしてしまうことに、ただただなすすべもなく傷ついていることが分かる。それでも自分を信じ、前だけを見て歩いた結果に彼らのいる世界がある事がわかる。身体面の才能だけでなく、一人の人間に課せられた苦悩を乗り越える力を与えられた天才たちのつまずきと日々の努力が、描かれている。人間として生きてゆくうえで勇気を与えられる作品だ。

読んでも損のないサッカー本 2002-05-24
多くのサッカー本が出版されているが、テレビや雑誌でも分かるような内容の本はわざわざカネを払う気にはなれない。ところが日本のスポーツジャーナリズムはまだまだ発達していないので、この人の本を読めば安心できるという「定番」ライターが少ない。そう感じる人にとって、小松成美はお勧めが出来るライターである。中田への取材で注目された彼女だけにこの本でも中田論が最も充実している。森岡についても「サッカーマガジン」などでは取り上げられていなかった情報を読むことができた。ただ中村や柳沢のサッカー論は彼らがよく口にすることをまとめたような感じである。ワールドカップをより面白くみるために「予習」のつもりで読むのにはちょうど良い。しかし金子達仁ぐらいの個性的文章を読みたいのであれば、少し物足りないだろう。「切れている」金子の文章を5つ星とすれば、そこまでは踏み込んだ分析をしていないという意味で4つ星にした。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/5/14に作成しました。


スポンサーサイト

comment

Secret

Youtube音楽PV集


presented by Youtube音楽PV

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

楽天

DVD限定ボックス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MyYahoo!&AddtoGoogle



My Yahoo!に追加

Add to Google
ブログ内検索
カテゴリ
リンク
FC2

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。