スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創造と破壊のダイナミックス―世界と戦ったトゥルシエと若き日本代表 |後藤 健生

創造と破壊のダイナミックス―世界と戦ったトゥルシエと若き日本代表創造と破壊のダイナミックス―世界と戦ったトゥルシエと若き日本代表
後藤 健生
双葉社 刊
発売日 2002-09
価格:¥1,680(税込)




あまりに最大公約数的で… 2003-01-31
「ワールドカップとトルシエジャパンを振り返る」的な本はあまたありますが、最近立て続けに「山本昌邦備忘録」と本書を読みました。後藤健生というライターは洞察力もあるし、文章もしっかりしているので好きなんですが、結論からいうと本書の後藤節は「山本…」と較べると色褪せて見える。私にはサッカーチームを作り上げる哲学や理論として何が正しい正しくないという判断はできないが、単純に読み物としての面白さや完成度で明暗を分けたポイントは、現場に近い当事者が書いたか、外部の観察者が書いたかということじゃなく、筆者としての立場がはっきりしているか否か、です。後藤氏の文章は分析的でシャープなんだけど、客観的・中立的・最大公約数的でやや面白みに欠ける。(その点「山本…」は!!!当事者のみが知る材料に裏打ちされた独断と偏見で満ちあふれていて読み物として秀逸!)それでも後藤氏の新刊がでると必ず読んじゃう私なので「うーん」と迷って星3つ!


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/5/14に作成しました。


スポンサーサイト

comment

Secret

Youtube音楽PV集


presented by Youtube音楽PV

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

楽天

DVD限定ボックス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MyYahoo!&AddtoGoogle



My Yahoo!に追加

Add to Google
ブログ内検索
カテゴリ
リンク
FC2

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。