スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Love You Live |The Rolling Stones

Love You LiveLove You Live
The Rolling Stones
Virgin
発売日 1998-11-17


ロン・ウッド加入後初のライヴ盤となる、ベスト的な選曲の1977年発表の2枚組アルバム。円熟味を増した泥臭くファンキーな演奏での代表曲連発も良いが(主な会場はパリ)、やはり聴きどころはDISC2の前半からの通称“エル・モガンボ・サイド”。その名のとおりカナダ・トロントのライヴハウス、エル・モガンボでの、少人数を相手にしたリラックスした雰囲気での味のあるブルーズが堪能できる。(麻路 稔)

何を評価されるんだか・・・ 2005-01-02
どうも素直になれないのである。
サージェントぺッパーズみたいな教科書的な名作に疑問を呈すると、レビューが参考にならないという投票をかなりされるのである。
僕は“おい、みな本気か!?”と思うのだ。
どう考えてたってリボルバーのほうがカッコいいだろう?!おい!さて、このストーンズのライブは賛美両方なんで安心してレビューが書ける。
昔はこのよさがわからなかった。
パンク・ニューウェーブ世代の僕には、“STILL LIFE”のほうがだんぜんかっこよかった。このアルバムはだるくて、粗くてしょうがない。と感じていた。
今はこのだるさが心地よい。
グルーブ感という言い方が一般的に言われるようになったのは最近だが、このだるさがそのままグルーブ感だとは言わないけれど、聞けば聞くほど味わい深い稀有なライブアルバムがこれである。ライブアルバムはえてしてファンサービス的な意味合い、オリジナルアルバムの隙間を埋めるとい商売上の都合の中で作られることが多いが、このアルバムはそれ以上、その何倍もの意義があるアルバムなのだ。

やっぱり、LIVE BANDです! 2003-03-08
SEが流れた途端にギターをオープンGに。リアルタイムに体験した訳やないけど、昔を思い出しつつ「ガーッ、ガッガー」と曲に合わせてGをかき鳴らしてしまう。古き良き時代?ノスタルジック?このアルバムを聴いたら、それが「違う」事に気付きますって!このライブ・アルバムを聴いたら最後は「悪魔をあわれむ歌」で「フーッフー」て叫んでる自分に笑いがでますよ。

ライブがいちばん! 2002-12-18
高校のときこのLPを買ってストーンズにはまるきっかけになったアルバムです。特にD面は勢い乗りまくりでなんだかわけわからず血が騒ぎ立ててきたのをを思い出します。2002/3の来日に向け、こいつを聞いてテンション上げていこーっ!


さらに詳しい情報はコチラ≫




スポンサーサイト

comment

Secret

Youtube音楽PV集


presented by Youtube音楽PV

最近の記事
全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

楽天

DVD限定ボックス

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

MyYahoo!&AddtoGoogle



My Yahoo!に追加

Add to Google
ブログ内検索
カテゴリ
リンク
FC2

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。